つい人と比べてしまう

正反対の意見を聞いて自分の考えに自信がなくなったときにすること【自分で決めれる】

今回お伝えするのは、「正反対の主張を聞いた時、自分の考えに自信をなくしてしまう…」とブレているときに自分軸に戻る考え方をシェアします。

みんなそれぞれ自分の考えや主張を持っていますが、憧れのあの人やスゴイと思う人が正反対の主張をしていたら。かつ、多くの人がその声に賛同していたら。

「自分のこの考えって間違っているのかな…」と自信がなくなってしまうのも無理はありません。

ですが、それを理由に「自分が間違っていた」と思うのは、他人によって決められているようなもの。

気持ちが揺れてしまっても、最後には自分で自分の主張を決めてあげる必要があります。

では、自信がなくなって気持ちがぐらついた時、どうやって自分軸で決めればいいのか。

結論から言うと、「自分はどの考えで生きたいのか、好きな方を選ぶ」という基準を持つことです。

今回お伝えする内容
  1. 自分はこうしたい、という好みで選ぶことが大切
  2. 正しいかどうかって基準はいらない
  3. 良いところだけ取り込めばいい

 

 

自分はこうしたい、という好みで選ぶことが大切

自分の主張と正反対の声を聞いて、自分の考えに自信がなくなった時「結局自分はどうしたい?」「自分はどっちの方が生きやすい?」と自分の好みを基準に選ぶ。

これだけで十分です。

なぜなら、人生は思い込みで成り立っているから。あなたがそう思えばそうなんです!単純ですが、それだけ。

それなら、わざわざ自分がしんどいなあと思う考えを採用するのはもったいないですよね。

例えば

私は「自分を満たしてこそ相手に与えられる。だから、自分を幸せにしてあげるのが先だ。自分が幸せになれば、相手を幸せにできる」という考えを持っています。

そこで、誰か偉い人が「自分が苦しい時も与えられる人が本物だ!」と言っていたとする。かつ、その声に多くの賛同の声があったとしたら、

「あれ?私って冷たいのか…?」と一瞬は思っていました(笑)

ここで、「結局自分はどの世界が生きやすいのか?」という好みの基準に戻ります。

「やっぱり私は、自分を満たしてたら相手も幸せになれるって世界で生きたい」

そう思ったら、そこを選び続ける。シンプルなお話です。

もしここで「私もどんな時も与えられるようになりたい」と思ったならば、正反対の意見だったものを自分の考えに取り込めば良いだけ。

問題は、自分にとってどうか、好みであるか。

スゴイ人が言ってるから…とか多数派だから…ということを基準に選んでいると、いつの間にか他人軸で生かされている状態になります。

正しいかどうかって基準はいらない

ポイントとしては、「正しいかどうか」という基準で選ばないこと。

そもそも、正しさって人によって違います。誰かにとってはそれが悪かもしれないからです。

そんな曖昧なものを基準に選ぶくらいなら、「好きかどうか」の方が後悔しません。正しさで選ぶと、ただただ自分がしんどくなります。

自分が選べる世界なのに、それはもったいないですよね。

良いところだけ取り込めばいい

「正反対の意見を聞き入れないことは、頑固だ!」とか

「反対の主張を聞かないことは視野が狭い」という印象があるかもしれません。

それならば、良いところだけを参考に取り入れさせていただくのはどうでしょうか。

自分と違う考えに対して否定的になるのではなく、自分は自分の主張がありながらも「なぜ反応したのか」そこを考えてみると今まで考え及ばなかったもっと良い要素が見つかります。

頑なに別の意見を拒否し続けるのではなく、聞いてみて自分が良いと思えばその要素を自分の考えに追加してみたら良いですし、そうでなければ「あなたはそうなんだね、でも改めて私はこの考えが好きだな」ということで今まで通りでいたら十分です。

まとめ

自分とは反対の主張を聞いた時、自分の考えに自信をなくしてしまう…という時の対策として、

  1. 自分はこうしたい、という好みで選ぶことが大切
  2. 正しいかどうかって基準はいらない
  3. 良いところだけ取り込めばいい

この3点をお伝えしました。

みんな、自分が正しいと思う意見を持っていて、それが全て一致しないのは当然です。

ですから、反対の声を聞いた時、自分の考えに自信をなくしたり心が揺れてしまうことは自然なこと。

揺れてしまってもいいんです。ただ、そのまま「スゴイ人が言ってるから」「多数派だから」ということを理由に考えを変えてしまっては、あなた自身が生きづらくなってしまいます。

大切なのは、あなたが好きかどうか。あなたが決められる世界なのだから、あなたが生きやすい考え方を採用してあげてくださいね。

関連記事

苦手は克服すべき?問題に結論を出してみた【自分の心地よさが重要】今回は、「苦手は克服するべきなのか?」についてお話しします。 苦手・短所は克服した方がいいよ!という意見があったり、その克服方法に...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。