自分を好きになりたい

好きなことで人を幸せにする方法はコレだ!【自分には何もできないと思うあなたへ】

今回は「私には何のスキルもないから人に与えられない…」と思うあなたへ、好きなことで人を幸せにする方法についてシェアします。

人から与えられるのを待つのではなく、人に与えることを先にすると良い…ということは分かるけど、自分には与えられるものなんて何もないと思っていませんか。

自分には何の取り柄もないとか、特技がないと感じているとしても、それは単に見つかっていないだけで、「無い」ことはあり得ません。

仮にあなたが悪いところだらけだとしても、その悪い部分と対比する良い部分が必ず存在するからです。

しかし、見つかっていない今でもあなたが人に与えられることはあります。

結論から言うと、「自分の好きな物を得た時に、それを作った人に喜びの声を届けること」。

これだけで作り手は救われます。

例えば

・漫画家にファンレターを送る
・美味しいお店に高評価のレビューをつける
・好きな商品を生産している会社へ、感謝のメールを送る
・感動した記事やツイートにコメントをする

など…

いずれも、些細なことのように感じるかもしれませんが、対象のものを作った人にとってこれほどありがたいことはありません。

あなたが漫画を読んでとても感動したり、

美味しい料理を食べて幸せな気持ちになったり、

好きな商品を手にして助かったり、

読んだ記事やツイートに救われたとしても

あなたが言わなければ、それらを生んだ人たちは知らずに終わってしまうのです。

それって、もったいないですよね。

もしかしたら、

「この漫画、もうやめようかな…」

「売り上げ落ちてるし、やめようかな…」

「誰も反応してくれないからやめようかな…」

と、落ち込んでいるかもしれません。そこであなたが好きなものに対して思った感想を伝えてあげるだけで、創造した人にとって喜ばれるのです。

さらに言えば、あなたの声が人に渡ればもっと喜びが広がります。

分かりやすい例がレビュー。

欲しいと思っていた商品に対して、分かりやすいレビューが書かれていたら買うかどうかの判断基準になりますよね。

それがあるのとないのでは、結構違います。

あなたが商品に対して使い心地やメリットを書いてあげると、他の誰かが助かりますし、商品を作った人にとっても売り上げアップに繋がり、喜ばれます。

大好きな物事に対して、ただ自分が嬉しい気持ちになるだけではなく、それを生み出した人に気持ちを伝えたり別の人に感想を伝える…この一手間を加えるだけでも「人に与える」ことはできるのです。

もし、あなたが自分には何もできない…と思うのであれば、ぜひこの方法を試してみて下さい。

感想を伝えたりレビューを書いたからといって、製作者から直接反応があったり、読んでくれた人から感謝されることはないかもしれません。

ですが、そういったありがとうのエネルギーは、その人からではなくても巡り巡って必ず自分に返ってきます。

頑張って人に与えよう!とするのではなく、まずは自分の大好きなことに関する事で手軽にできることからやってみてくださいね。

関連記事

大嫌いな自分を好きになる2つのポイント【世界を変えるのは怖い】今回は、自分を好きになりたいけどなれない…という方に向けて「自分を好きになる2つのポイント」についてお伝えします。 あなたはきっと...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。