丁寧に暮らしたい

要らない物を手放す5つの方法【捨てる罪悪感がある方へ】

今回お伝えするのは「要らない物を手放す5つの方法」です。

物を減らしてスッキリすると良いよ!というのは分かるけど、いざ手放すとなると捨てる罪悪感に苦しんだり、手放すこと自体がめんどくさい…ということはありませんか。

実は、一口に物を手放すと言っても、自分に必要な物を選んだり、その処理方法を考える…という過程があって、意外とめんどくさいんですよね(笑)

そんな負担を軽くするために、物を手放す5つの方法をまとめてみました。

結論から言うと、

  1. リサイクルに出す
  2. 親戚・友人に譲る
  3. 売る
  4. バザーに出す
  5. 最終手段・捨てる

です。

 

①リサイクルに出す

「捨てる」よりも生まれ変わることのできるリサイクルの方が、手放す罪悪感を軽くできます。

例えば、衣類。

GUやユニクロなど、お店にリサイクルBOXが設置されているのをご存知でしょうか。販売しているお店の服専用にはなりますが、そういったものを利用すれば手軽に手放せます。

リサイクルショップでも、一部では買取だけではなくリサイクルBOXが置いてあり、そこにはブランド問わず入れることができるのです!

期間限定のものであれば、下着はワコールが回収していたり、春にはリクルートグッズ(スーツやリクルートバッグなど)を回収しているお店があり、代わりに切手やチケットをもらえるため、大変お得です。

その他、雑誌などはスーパーなどに大きなトラックで回収していることがあります。

お店によって異なりますが、1kg=1ポイントとしてポイントをためることができ、一定数貯まるとクオカードや商品券に交換してくれるものもあるのです。

ぜひ、お近くのお店でそういったサービスがないか、探してみてくださいね。

②親戚・友人に譲る

親戚や友人に譲ってあげると、喜ばれることもあります。ただし、必要としている物のみです。

「これ要らないからあげる!」だと、お相手も断りにくいですし、いくら無料だからといって要らないものをもらうのは逆に困りますよね…。

だから、「実はこれ、処分しようか迷っているのよね…」と話してみて「ええー!?もったいないよ!」など反応が良さそうであれば、お譲り交渉をしてみると良いです。

③売る

今は手軽に中古品を売ることができます。必要としている人に届いて喜ばれる上に、お小遣いになりますから、リサイクルと同じくらいハードルは低いでしょう。

少し手間と時間がかかってもお小遣いが多めにほしい!という場合は、フリマサイトやオークションサイトで自分で売ると良いです。

そんなものはめんどくさい、という場合はリサイクルショップの買取カウンターへ持ち込みへ行くか、インターネットの中古ショップに郵送することをおすすめします。

オススメのサイト:メディア買取ネット

近所に中古ショップがなくても、インターネットで送ればOKです!無料でもらえる段ボールに不用品を入れて郵送するだけで売れるという手軽さがオススメ!

④バザーに出す

学生であったり、何かの会に所属していると、バザーに物を出すことができます。

年に数回くらいの頻度ではありますが、中にはわざわざバザー用に新品を買っている方もいらっしゃいます。それなら、不要な物を出した方が良いですよね。

ノベルティや買ったけどいまいちだった…というような新品同様のものがあれば、バザー用に取っておくのも手です。

⑤最終手段・捨てる

いずれの方法も合わないくらい汚れていたり、痛んでいる場合は潔く捨ててしまいましょう。

ここで、罪悪感を抱いてしまうかもしれませんが「今までありがとう」と言ってあげれば十分です。

物も、これまで使ってくれたことに感謝をしてくれているはず。しっかりあなたが感謝の気持ちを持ってお別れができるのであれば「処分」という方法に申し訳ないなんて思わなくて大丈夫です。

処分方法が特殊なものや、大きなものは捨てるのが大変だったり面倒ですから、あと回しにしてしまう可能性が高くなります。

そういった物は、いったん生活スペースから隔離して休みの日に取り組むなど、とにかくいつもの場所に置かないことが大切です。

そうすることで、不要な物をため込まずに済みます。

まとめ

物を手放す方法として

  1. リサイクルに出す
  2. 親戚・友人に譲る
  3. 売る
  4. バザーに出す
  5. 最終手段・捨てる

以上の5つを紹介しました。

今の自分に必要ないものは積極的に手放してあげると、誰かが喜んでくれるかもしれません。

捨てることになったとしても、今までのことを感謝すれば十分。また新しい出会いがあります。

関連記事

シンプルライフを目指すならまず消耗品の1本化に取り組むと良い【メリット4つ】今回は、「物を減らしてシンプルライフを送りたい時、まずは消耗品の1本化を目指すと良いですよ」というお話。 これは、私がミニマリスト...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。