丁寧に暮らしたい

手放せないけど使わないバッグたちの活用法4選【シンプルに生きたい】

今回お伝えするのは、使わないバッグたちの活用法4つです。

もっと物を減らしたい!と考えている時、バッグも1つの課題になりますよね。

プレゼントで頂いたけど年齢に合わなくなった…とか、

高額だったからもったいない…とか、

記念品だから手放したら二度と手に入らない!とか、

なかなか手放すことに踏み切れない気持ち、よくわかります。

そんな時は無理に手放す必要はありません。今、それをしなかったからといってずっと手元に残るとは限りませんし、無理をすると心に悪いからです。

でも、そのまま置いておくのも気になる…という場合は、室内で収納用品として活用してあげることをオススメします。

では、どう活用するのか。それは、

  1. コード類の収納
  2. 服の収納
  3. 壁崖にして普段使いのものを収納
  4. 家用のバッグとして活用

主にこの4点が有効です。

「バッグを手放したいけど手放せない…」

「手放せないけど活用したい」

このようなお悩みのヒントになります。

 

 

①コード類の収納

特に、内ポケットがたくさんあるバッグはコード類の収納に役立ちます。

スマートフォンやパソコン、ゲーム機などを充電するために、コードやアダプタを持っている方がほとんどかと思いますが、そういったコード類をバッグの中に収納してしまうと、スッキリします。

つい、そのまま棚や机に置きっぱなしにしていませんか?

そうではなく、1つのバッグに集約することで、なくしてしまうことも防げますし、景観も良くなります。

②服の収納

多くの方が日常的には使わないであろうキャリーバッグを、服の収納として使います。

大きくスペースを取る割に使用頻度が少ない(出張や旅行が多い方は除きます)なら、衣替えの時期にシーズン外の服を入れてあげた方が活用できるからです。

キャリーバッグだけでは入りきらない!ということもあるかもしれませんが、それはそれで服を厳選する機会にもなるため一石二鳥になります(笑)

大きめのバッグには、手袋やマフラーなどの防寒具、ストールなどを入れることもできます。

③壁がけして普段使いの物を収納

大きさが中途半端なバッグやトートバッグなどは、壁掛けにして普段良く使う物を入れてしまうのも良いです。

そうすることで、壁がけバッグに収納することで、床に置くものが減るから。掃除も楽になりますよね!

④家用のバッグとして活用

家用のバッグとしても利用できます。いわゆる収納ボックスのような物です。

2階建ての家で生活していると、良く使うけど1階にある…という物を取りに行くのはめんどくさいですし、かといって2つ持つのはコストがかかりますし、物を手放していく中では逆の行動になってしまいますよね。

そんな時、家用のバッグがあれば、手軽に一式持ち運びができます。

例えば

リップクリーム、ミネラルウォーター、くしなど…

そのほか、脱衣所でもリビングでも使いたい!というようなスキンケア用品・メイク道具も、使わないバッグを大きなポーチとして活用することもできるのです。

まとめ

手放したいけど使わないバッグたちの活用法として、

  1. コード系の収納
  2. 服の収納
  3. 壁崖にして普段使いのものを収納
  4. 家用のバッグとして活用

以上4点をお伝えしました。

いきなり、無理に手放す必要はありません。まずは、押し入れに仕舞い込んでしまうのではなく、収納用品として活用してみると、バッグたちは活きてくれます。

眠ったまま、どっちつかずのバッグたちにぜひ役割を与えてみてあげてくださいね♪

関連記事

シンプルライフを目指す中で電子書籍か紙の本どちらを選ぶべきか迷う時今回は、シンプルライフを目指す中で、電子書籍・紙の本どちらを買うか迷った時の判断基準のシェアです。 物を減らしたい!と思った時、本...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。