周りを気にしすぎてしんどい

いや〜な気持ちを切り替える6つのヒント【自分でご機嫌になる】

今回は、嫌なことが起きたときの気持ちの切り替え方として6つのヒントをシェアします。

気持ちを切り替える、って意外と難しいですよね。

そうしたい思いがあっても、嫌なことが頭にこびりついていたり、そのせいで楽しいことを考えられない…ということもあるかと思います。

前提として、気持ちを切り替える前に嫌な気持ちになったことや、そう捉えたことを否定したり押さえつける必要はありません。

しっかり怒ってムカついて、悲しむ…を味わってから、気持ちの切り替えを行って、嫌な出来事に引きずられないようにすることが大切です。

その上で、気持ちを切り替える行動のヒントを紹介します。

それは、

  1. 読書や映画鑑賞で作品の世界に入り込む
  2. スイーツを食べて幸せを噛みしめる
  3. 楽器を奏でたり聴いたりしてリラックスする
  4. お茶やコーヒー、紅茶などを飲んでほっとする
  5. 料理や手芸、DIYなどで創作を楽しむ
  6. 動物と戯れて癒される

以上の6つです。

もちろん、好みや楽しいことには個人差がありますから全てがあなたにとって合うというわけではありません。

1つでも「あっこれ好きかも!」「これ昔は楽しかったなあ」「やってみたいなあ」と思うものがあればぜひ取り入れてみて下さい(^^)

 

 

読書や映画鑑賞で作品の世界に入り込む

本を読んだり、映像を見ることで作品の世界に入り込むことができます。

大好きな作品でもいいですし、これを機に前まで気になっていた作品に手を出すのもオススメ。

後者の場合、新しい情報が入ってくるため、よりその世界観に集中することができます。

スイーツを食べて幸せを噛みしめる

スイーツは、心に栄養を与えてくれます。

あなたの大好きな食べ物を食べて、幸福感にどっぷり浸かりましょう。

スーパーのパンコーナーに並ぶスイーツでも良いですし、ケーキ屋さんにある少しお高めのスイーツでもOK

上品な食器などがある憧れのお店で嗜むのも楽しそうです。

楽器を奏でたり聴いたりしてリラックスする

ピアノや弦楽器など楽器を演奏できる場合は、それを楽しむと没頭できそうですね。

楽器はまるで触ったことがない…という場合は、クラシック音楽を聴いてみると心が癒されます。

演奏がもたらしてくれる幻想的で非日常な音を聴くと、日々の中で狭くなりがちな視野を広げてくれることにも繋がるでしょう。

楽器の音を耳にすることでも美に触れることができますから、それによって嫌だと思っていたことも小さく思えてくるかもしれません。

お茶やコーヒー、紅茶などを飲んでほっとする

あなたは何を飲むとほっとした気持ちになりますか?

お茶、コーヒー、ハーブティー、ココアなどいろいろあると思いますが、自分にとって好きなものをゆっくり飲むだけでも心を落ち着けることができます。

料理や手芸、DIYなどで創作を楽しむ

料理や手芸、DIYなど自分で何かを作ることでも1つのことに打ち込むことができ、気持ちの切り替えに最適です。

好きなことならば、日頃からしているかもしません。その場合は、いつもなら作らないものに挑戦してみると、より没頭できます。

動物と戯れて癒される

大好きな動物に触れることで、心は癒されています。

家にいるのであれば、その子と遊んだり撫でてあげたりしてたくさん触れてください。

家にいない場合は、動物カフェなどに足を運び戯れるだけでも幸せな気持ちになれます♪

まとめ

いや〜な気持ちを切り替えるヒントとして

  1. 読書や映画鑑賞で作品の世界に入り込む
  2. スイーツを食べて幸せを噛みしめる
  3. 楽器を奏でたり聴いたりしてリラックスする
  4. お茶やコーヒー、紅茶などを飲んでほっとする
  5. 料理や手芸、DIYなどで創作を楽しむ
  6. 動物と戯れて癒される

6つのアクションを紹介しました。

自分の中でこれだ!というものがあれば、嫌だなぁと感じる出来事があったとしても必要以上にダメージを負わずに済みます。

事前に切り替えスイッチをいくつか明確にしておくのがオススメです。

関連記事

今日は何回すみませんって言いましたか?【自分も周りも良くする方法】今回は、「『すみません』の頻度を減らすと自分のことをもっと好きになれるし周りの人も幸せにできるよ」というお話です。 「すみません」...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。