丁寧に暮らしたい

シンプルライフを目指す中で最適な服の数とは【メリット4つ】

今回は、シンプルライフを目指す中で服は何着が適切なのか、そしてその数であるメリットについて4点お伝えします。

服を減らしたいだけでなく、

・服をたくさん持ってる割に着れるものがない
・服にあまりこだわりがない
・ファッションセンスがない
・オシャレに興味がない、または苦手な方かも…

と感じる方にとっても役立つ内容となっているはずです。

まず結論から言うと、服は各シーズン10着ほどあれば十分で、この量を目安にすると多すぎず少なすぎずでファッションを楽しめます。

それは、私が100着ほど服を持っていたダサダサ時代の2017年の頭から今にかけ、減らしたり増やしたりを経験した実感が根拠です。

その中で、10着という目安を設けて暮らし、感じたメリットについてまとめてみました。

それは、

  1. 着回しができるようになる
  2. 似合わない服を無理やり着なくて良くなる
  3. 頭が疲れないしスッキリする
  4. 自分に自信が持てるようになる

この4つです。

 

着回しができるようになる

服の枚数が少ない方が、着回しスキルが高くなります。なぜなら、限られた服でコーディネートを作る必要があるからです。

私の過去の失敗として、服を100着近く持っていたのに全く着こなせていないということがありました。

確かにその時は、持っていた服を気に入って購入していたのですが、当時の傾向として柄物が多かったのです。つまり、1着で完結してしまう服。

さらに言えば、その頃は柄のない服がとても苦手で「こんな地味なのは着こなせない」と思い込んでいました。

でも、組み合わせがしやすいのは、柄のない服なんですよね。

1着で完結してしまう主張の激しい服は、確かに可愛く魅力的なのですが、組み合わせることが難しいため、飽きてしまい長く着ることができません。

よって、そういった服を多く持ちすぎると、自分は着回しができないのだ!と勘違いしてしまうのです…。

それを避ける意味でも、着回しのしやすいシンプルな服を増やすことで、少ない数でいろいろなコーデを楽しめるようになります。

似合わない服を無理やり着なくて良くなる

服の枚数を10着前後に抑えると、大体はお気に入りの服だけが残ります。

ということは、似合わない服を無理やり着ることがなくなるのです。

特に制限なく服を持っている時、

・買った時は良かったけど今はなんかピンとこない

・高かったから着なきゃもったいないけどあんまり着たくない服

・この服で知り合いに会うのは嫌だな…

っていう服、ありませんか?

私は結構あったんですけど、そうやって違和感を抱きながらも着ていたんですよね。

しかもそういう服着てる時に限ってバイト先の人に会っちゃって必死に隠れたりね!

なぜなら、もったいないから。

ですが、ワクワクしないとか人に見せるのが恥ずかしい服を身に纏うことは、自分をいじめるようなもの。できるだけ避けるべき行為です。

ですが、服の所持数を決めておくことで、そういった服とはちゃんとお別れすることができ、手元に残ったお気に入りの服だけで出かけられるようになります。

頭が疲れないしスッキリする

服の枚数を制限すると、クローゼットの中に空間が生まれ、スッキリします。

また、多すぎないことによって「何を着ようか」と迷ったり、服の数が多ければ多いほど情報量が増えて頭が疲れてしまうことを防ぐことができるのです。

些細なことのように思えますが、日常的に着る服の選択に迷ったり、多くの服を目で認知する…ということを繰り返していると、脳は疲れてしまいます。

ここを解決してあげるだけでも、朝の疲労度に影響するのです。

自分に自信が持てるようになる

これまで挙げたように、服の数を制限することで、着回しする能力が上がったり、お気に入りの服だけを着られるようになったり、脳疲労を解決することができます。

その結果、オシャレになれますし、お気に入りの服を日常的に着ることで自分を大切にする感覚も身についてきます。

さらに、脳疲労も解決できるため、心にも余裕ができ、トータルで自信の向上に繋がるのです。

まとめ

シンプルライフを目指す中での服の最適な所持数は10着です。

これを目安にすると、多すぎず少なすぎずで快適に生活ができます。

さらに、10着にするメリットとして

  1. 着回しができるようになる
  2. 似合わない服を無理やり着なくて良くなる
  3. 頭が疲れないしスッキリする
  4. 自分に自信が持てるようになる

の4つがありました。

とりあえずの目安が知りたいですとか、服が多いのに切るものがない…というとき、まずは各シーズンの服を10着前後にしてみてください♪

関連記事

手放せないけど使わないバッグたちの活用法4選【シンプルに生きたい】今回お伝えするのは、使わないバッグたちの活用法4つです。 もっと物を減らしたい!と考えている時、バッグも1つの課題になりますよね。...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。