自分を好きになりたい

「やめることリスト」で新しい自分になれる【自分をもっと好きになる】

今回は、「やめることリスト」を作ることで、新しい自分になることができ、もっと自分を好きになれるよ!というお話。

やりたいことや夢をリストアップすると良い!…これはよく聞く王道の自己啓発ですよね。

同時に、「やめることリスト」も同じくらい、自分の状態を良くしてくれるものだということをご存知でしょうか。

●やること・やりたいことが多くて混乱してきた!

●「やめることリスト」って実際どうなの?

●やめる自信がないのですが…

●変わりたいのに変われない自分を好きになれない…

本記事は、こんなお悩みを抱えている方にとりヒントになる内容です。

今回お伝えする内容
  1. 「やめることリスト」で新しい自分になれる理由
  2. 「やめることリスト」を作る2つのポイント(例あり)

 

 

 

「やめることリスト」で新しい自分になれる理由

「やめることリスト」を作ることで、新しい・理想の自分へ変わっていき、どんどん自分を好きになれます。

その大きな理由は、無駄なものを捨てて新しいものを取り込むことができるから

やりたいこと・取り入れたい習慣があったとしても、すでにやることがパンパンに詰まっていたら、さらにするべきことが増えて、疲れてしまいますよね。

また、せっかくのチャンスがあったとしても、抱えていることが多ければ入る隙もありません。

残念ながら、人間の時間と体力は限られています。全てをすることは時間も体も許してくれません。だからこそ、要らない習慣やものごとは意識して削いでいく必要があります。

それを助けてくれるのが、「やめることリスト」です。

イメージとしては、いっぱいになった鞄の中身を整理して、要らないものは取り出し、要る物をいつでも入れられるように隙間を作ってあげる感じ。

そうして隙間を作ってあげることで、「何かやりたい」と思ったらすぐ取り入れることができます。それによって、新しい自分を知り、それが自分を好きになることへつながるのです。

「やめることリスト」を作ることで、

●漠然とやっているやらなくていいこと

(例)優先順位の低いジャンルの勉強

●気づいたらやっている自分にとって悪い習慣

(例)食べたいわけじゃないのに食べてしまう

●効果が出てないのに続けていること

(例)1ヶ月ほどやっても効果のないマッサージ方法

こういった無駄がはっきりします。

これらを必要がないと判断し、「やめる」と決めるだけでも、心が楽になり余裕が生まれるのです。

それが仮に、なかなかやめられない習慣で「やめる」ことができなくても大丈夫。

その都度「やめるって決めたんだった!」と思い出し、修正していくことを繰り返せば、自然にやめることができるからです。

ただし、それを繰り返すことでストレスを感じるのであれば、「やめる」必要がない可能性もあります。

よって、「いったんやめてみる」というお試し期間を設けてみる柔軟さも必要です。

「やめることリスト」が良い理由まとめ
  1. 漠然としていた「やらなくていいこと」をしなくなり、時間と心に余裕が生まれる
  2. その結果、新しいことを取り入れたり挑戦しやすくなる
  3. 隙間ができることでチャンスが舞い込みやすくなる
  4. 決めるだけでも変われる(いきなり変える必要なし)

「やめることリスト」を作る2つのポイント(例あり)

「やめることリスト」を書く時のポイントとして、

  1. 1日を振り返り、理想の私がしていないことは何かを考える
  2. 何かをしている時「これは何の意味がある?」「工夫して時短できる?」など自問する

この2つを意識すると、出てきやすくなります。

例えば

①1日を振り返り、理想の私がしていないことは何かを考える

●SNSを漠然と見続けること(=時間を決める)
●人と比べて落ち込む
●メール返信の後回し
●似合わない服を着続ける
●やる前から諦める
●寝る前にデジタル機器を触る
●嫌な仕事をお金のためにやる
●寝る時以外に寝転がる

②何かをしている時「これは何の意味がある?」「工夫して時短できる?」など自問する

●なんとなく続けてた効果のないマッサージ
●優先順位の低い勉強(=一番やりたい方に集中!)
●やることリストに何ヶ月も残り続けてるタスク
●やる前から人に許可をとることを考えること
●眠くないのに寝ようとする

習慣から自分のついやってしまうくせ、何でもOKです。

ちなみに、Twitterにて「#ゆたかのやめたことリスト」というシリーズツイートを行っています。

こちらもぜひ一例としてご覧ください╰(*´︶`*)╯

まとめ

「やめることリスト」を作ることで、新しい・理想の自分に変わることができ、もっと自分を好きになれるよ!というお話でした。

その理由としては、

  1. 漠然としていた「やらなくていいこと」をしなくなり、時間と心に余裕が生まれる
  2. その結果、新しいことを取り入れたり挑戦しやすくなる
  3. 隙間ができることでチャンスが舞い込みやすくなる
  4. 決めるだけでも変われる(いきなり変える必要なし)

この4つのポイントが重要です。

そして、「やめることリスト」を作る時

  1. 1日を振り返り、理想の私がしていないことは何かを考える
  2. 何かをしている時「これは何の意味がある?」「工夫して時短できる?」など自問する

この2つを意識すると出てきやすくなります。

物を手放してスッキリするように、普段していることで「実は要らないな〜」ということもどんどん手放してみてください。

手放したいけど怖い時は、「プレ手放し」でも構いません。とりあえず、やめてみるだけでも分かることがあるはずだからです。

そうして、隙間ができたとき心も体も軽くなり、楽になりますし、新しいことに挑戦するハードルもぐんと低くなります。

関連記事

今日も何もできなかった…という苦しみは3ステップで解決できる【書き出し】今回は、「今日も何もできなかった…」という苦しさを前向きに切り替える方法をお伝えします。 やるべきこと・やりたいことがあるのに、理...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。