潜在意識・引き寄せ系

なんとなく不安でつらい、はコレで解決できる【2つのコツ】

今回お伝えするのは、「何となく不安になってつらい…なんとかしたい…」という時の対処法。さらに、それを行う2つのコツも付け足しています。

恋愛、人間関係、仕事、お金、健康や美容など…不安の要素は挙げたらキリがありません。また、原因もなくぼんやりと不安を抱くこともあるでしょう。

それは生きている中で避けられないことではありますが、苦しい思いはなるべくしたくないですよね。

結論から言うとそれは、「望む未来を決定」で解決できます。

不安な時、だいたい「こうなったらどうしよう」とまだ起きていない未来のことを恐れますよね。

将来のことはどうなるか分かりません。ですが、悪い結果だった時のために自然とネガティブな方に考えてしまうことはよくあります。

もちろん、それは必要なことですが、度が過ぎると不安は大きくなり、心休まりません。だから、この未来に対する考え方に焦点を当てる…というのが今回お伝えするやり方です。

・すぐ心配になってしまう

・ぼんやりとした不安に襲われる

・不安な気持ちを何とかしたいと焦る

こういった悩みを解決します。

 

 

不安な時は望む未来を確定する

不安な気持ちでいっぱいになった時は未来を自分の望むものに「決定」してしまいましょう。

「決定」とは、良い結果になると決めつけること。

未来に良い結果が待っているならば、「今」不安な気持ちを抱く必要がないからです。

例えば

今のあなたの不安が、恋愛の悩みだとします。

「彼とうまくいかない…」「彼氏が浮気しているんじゃないか」

そんな不安に対して、

「今はこうだけど、結果うまくいくから大丈夫か」

「今はそう思うけど、結局彼氏は私に一途とわかったからいっか」

と、良い結果を決めてしまいます。

その結果が必ず来ると確定しているならば、今悩んだり不安になる必要はないですよね。

不安は、未来に対して「こうなるのではないか」というネガティブな結果を恐れて生まれます。また、それは過去の経験を元に想定します。

それは、自己防衛反応ですから、当然の感情です。そう思うこと自体は問題ありませんが、その思いが強すぎると、苦しくなるのです。

起きていない嫌な未来を恐れるのではなく、良い結果を決めつけてしまえば、不安な気持ちを必要以上に抱かなくて良くなります。

そんな風に思い込めないを解決する2つのコツ

とはいえ、最悪の未来を考えている中で、望む未来を「決定」なんて難しいですよね。そこで、「決定」のコツをお伝えします。それは、

①人生が奇跡の連続であることを思い出す

②数日後の視点で考える(タイムトリップ)

この2つです。

①人生が奇跡の連続であることを思い出す

子供の時のあなたは、今のあなたの状況を想像できたでしょうか?

人生が奇跡の連続であることを思いだせば、必ずしもあなたが今考えている悪い未来が起こるとは限らないということに気づけます

不安な気持ちになる原因の1つは、自分の過去の経験を元に未来を考えてしまうことです。

しかし、現実として、きっかけや過程は、全く予想のつかないもの

そこを制限するのではなく、今現在あなたが想像もつかない、まさかの事態で物事が好転する可能性は大いにあることに気づいて欲しいのです。

例えば

●「友達になろう!」と思ってできた友達もいれば、偶然何かのきっかけがあってできた友達もいますよね。

●趣味も「これをやろう!」と自ら進んで選んだものもあれば、友達がしていたのを見たとか、偶然テレビで見た…というきっかけがあって始めたものもあるはず。

●大学進学は一般試験で行こう!と思っていたのに、ひょんなことから推薦されたり…叶えたい夢があって、それを実現するためにこうしよう、と思っていたら別の形で実現したり…ということもあります。

各例の後者のように、きっかけや過程は、必ずしも自分の考えの範囲内で起こるものではありません。それを思い出すことができれば、今の自分の状況が必ず悪い方向へいくと確定することの方が難しいと考えることができます。

②数日後の視点で考える(タイムトリップ)

今の状況が、数日後にはどうなっているだろうか?とさもそうなったかのように妄想し、なりきることで望む未来を「決定」しやすくなります。

ただ単に「うまくいく!」と考えるのは賢い人ほど難しいでしょう。しかし、3日後・1週間後・1ヶ月後…と少し近い未来にタイムトリップした気分になりきって考えると、頭を柔らかくして考えられます。

例えば

「彼とうまくいかない…」「彼氏が浮気しているんじゃないか…」

という不安を今抱いているとします。

上記の例では、

「今はこうだけど、結果うまくいくから大丈夫か」

「今はそう思うけど、結局彼氏は私に一途だからいっか」

と、今の視点で「決定」をしました。

これがしっくりこない場合は、今から3日後にタイムトリップしたと考えます。

「3日前はあんなこと思ってたけど、何だかんだいい方向に向かったなぁ」

「3日前は疑ってたけど、勘違いだったみたい。よかったぁ」

…と、未来の自分が今現在にタイムトリップした気分で考えるのです。

過去にも、

「ちょうど1年前はこんなことで悩んでたけど今はすっかり変わったな」

という経験はありませんか?そのニュアンスで考えてみてください。

まとめ

不安な気持ちでいっぱいになった時、自分で「望む未来を決定」すると、つらい状態から抜け出せます。

そして、それを行うコツは

①人生が奇跡の連続であることを思い出す

②数日後の視点で考える(タイムトリップ)

の2つです。

最悪の事態を考えることや、過去の経験・知識から未来を想像すること、そして不安な気持ちになることはごく普通のことです。

また、その不安はあなたを守ろうとする「愛」です。

しかし、その不安も度が過ぎれば、心が疲れてしまいますし、不安な思いが現実になってしまうと困りますよね。

未来に起こることは、自分の想像をはるかに超えた出来事の積み重ねで起こります。ですから、悪い結果を決めつけるのではなく、良くなると「決定」してしまいましょう。

関連記事

「どうせ」は使い方次第で化けます【どうせを活用して良いことを引き寄せ】今回は、ネガティブな意味で「どうせ」と言ってしまいがちなあなたが、その口癖を利用して、良いことを引き寄せる方法についてお伝えします。 ...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。