潜在意識・引き寄せ系

引き寄せ実践者は占いをすべきでないのか【うまく利用すればOKです】

「引き寄せの法則を意識して実践している人は占いをすべきではないのか」

…ということを考えたことがあります。その理由は、もし占いを受けて悪いことを言われた時に、それを鵜呑みにしてしまってそっちが現実化してしまうのではないか…と思ったからです。

今この記事を読んでくださっているということは、引き寄せをしてるけど、占いに頼っていいのかと迷ってるのではないでしょうか。

または占いを受けたいと思っているけれど、結果に左右されるのが怖いと感じていませんか。

占いをしたい…心の声に従えばOKなのに、すべきではない気がすると思って余計モヤモヤしてしまいますよね。私もそう思って、色々調べたことがあります。

その結果、想像通りですが、引き寄せの法則を意識して実践する人にとって占いはあまり良くないと言われているのを多く目にしました。

確かに占いの結果に左右されるようで、自分の望んだ世界を創造するという目的に反しますし、もし叶えたいことがあって占い師に否定されてしまったら、人によっては自分の気持ちよりもそちらの言葉を本音が信じてしまう可能性があります。

まさに思った通りのお声でしたが…でもどうしてもやりたかったので、やってしまいました笑

その結果について今回はシェアしていきます。

・引き寄せの法則の実践中に占いはあまり良くないと分かっていてもしてみたい

・占いによって自分の心が揺らがないか心配である

・占いを利用することでどういうメリットがあるのか知りたい

こういったお悩みを持つ方へのヒントになるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

引き寄せの法則実践者は占いを利用すべきでないのか

結論から言うと私個人としては「引き寄せの法則を実践している中で占いを活用しても良い、むしろヒントになる」でした。

その理由は、自分の気持ちを確認することができ、ヒントや勇気を得ることができたからです。

引き寄せの法則を実践する中で占いを使うことが「あまり良くない」と知っていながらも、どうしても受けてみたい…という思いが勝ってしまった理由は、当時、自分のことがわからなかったからです。

もちろん、人に聞いてわかるものではありませんが、とにかくヒントが欲しかったのです。同時に、タロットカードに対して純粋に興味がありました。

そんなわけで何度か占いを受けました。千里眼店頭での霊視、地元でイベント出店していたタロットカード、ショッピングモール内の手相占い、大阪で受けた占い(詳細は忘れました)、電話占いヴェルニです。

具体例として、私の経験をそのままお伝えしますね。

 

私の体験談と占いで得たメリット

初めて受けたのは「霊視」という占いでした。そこでは私の特徴をズバズバ当てられて驚きました。もちろん、部分的には異なるところもありましたが(○○年に結婚の兆しがなかったなど)基本的には言われた特徴が該当していました。

よく「誰にでも当てはまることを言う」といったことを聞きますが、割と繊細な部分にまで触れてきたので、必ずしもそうではないと思います。

また、当時私は会社に属するのではなく自分で仕事を作って食べていきたい考えていたのですが(それは言ってません)、自分で開業する方が絶対に向いていると言われ、まずそこで嬉しい気持ちになりましたし、自信になりました。

この時点で、「自分で仕事を作って食べていく」という私の強い願望に対して、「本当にできるかな」などといった不安よりも「プロの占い師さんに言われたしできるかも」といった希望が勝ります。

(補足)逆に、悪いことを言われたとしても「現状」そうであるだけであって、占い師さんに何と言われようと自分が心からそうなると決めれば実現します。もし悪いことを言われた場合は「どうしたら良いのか」を聞いて、それをヒント・アドバイスとして聞いておくと良いです。(もちろんそれが腑に落ちなかったり、好きでないことであれば実行しなくて良いですし、しなくても叶うものは叶います笑

以下も仕事に関しては同様のことを言っていただけますが、こういった言葉が「叶う」という確信を強めてくれる一因となり、メリットの1つだと言えます。

その次に受けた「手相占い」でも同様の自身の特徴を言われ、仕事に関してもほぼ同じことを言われ、またもや自分の願望が叶うという自信に繋がります。

さらに、地元で開催されていたハンドメイドのイベントに出店されていたタロットでも、仕事に関して自分でコンテンツを作る才能があると言われます。

ここまで全体的に良いことを言われるのですが、大阪で受けた占いでは「大殺界」で何をやってもうまくいかない時期と言われてしまいます。

確かにそうかもしれませんが、私自身としてその期間中にすごく嫌だったことが該当しない…と言うか、潜在意識のことを知ってどんでん返ししたいま、あまり覚えていないんですよね笑

だから、そこまで真に受けて怖いとは思わなかったですし、仮にその影響が必ずあるとして、そういったことが起こっても「そういえばああ言われてたな」と思い返せば少し気が楽になる気がします。

以上の経験から、私は占いを受けていて良かったと思います。その大きな理由は、

・ある願望に対して「叶えられる」と心から思えるきっかけになる

・自分のことを客観視できる

この二点です。前者については上記で述べた通りですが、後者については、自分でわかっている領域のことでも、いざ言われてしまうと「なるほどなぁ」と考える機会となり、あなたはこういう才能があるよ、と言われると素直に自信になります。

また、いくつか占いを受けることで「共通して言われること」やキーワードが出てきます。私の場合は、「優しすぎる」とか、「繊細」、「会社員として働くより自分で仕事作った方がいい」「創作が向いている」です。

こういったキーワードでピンとくるものがあれば、自分についてもっとわかるきっかけになり、非常に良いです。

まとめ

引き寄せを実践している人でも、占いを活用して問題ないと思います。むしろ、迷うくらいなら一度してみた方が良いです。

なぜなら、占いをしてみることで、自分の願望を加速させたり、自分についてもっと知るヒントやキッカケになるからです。

自分を知るのに外部を頼ることに抵抗があるかもしれませんが、ずっと頭をもたげて唸るよりは、プロの力を借りることも必要だと思います。

特に、

・優柔不断なところがある

・自分をある程度信頼できている

こういった方へオススメです。

ですが、鵜呑みにしすぎることには注意する必要があります。私は先ほど挙げた通り、1年間の間に何度か占いを受けていますが、正直「確認」のつもりで利用しました。本当にこれでいいのか…ということを第三者…プロの方に聴きたくなる時があったのです。

もちろん、そうした中で全く違うことを言われたことは現時点ではありませんし、「確認に来たでしょ?」と言われたこともあるくらいです笑(つまり、悩みを解決したいわけじゃないということです

あくまでも、現状を打破するためのヒントを得るためのものであって、現実を創るのは自分自身なのだ!という自信を持ってくださいね。

ゆたか
ゆたか
Twitterでは引き寄せの法則をベースとした、人生の質をUPするための考え方を発信中!フォローすると、望みの世界を生きるための考え方が身につきます!
@itmytkをフォローする!