シンプルライフ実現のコツ

年末に片付けたい方必見!11月に手放した物・得た利益・メリットを公開【出してスッキリ】

2019年も残りわずか。年末に向けて片付けをしてしまいたいという方が多いのではないでしょうか。(本記事は、旧サイトにて2019年11月28日に投稿した記事を再度投稿しています。

私はシンプルライフに関する記事を書いており、物は比較的少ない方ですが、とはいえ定期的に手放す作業をして周囲の環境をアップデートしています。

そして、11月は特に意識して物を手放しました。今回は、

・11月中に手放したもの

・それを売って得た利益

・多くのものを手放したことで得たメリット

・ものを手放すコツ

主にこの4点をシェアします。

・年末に向けて片付けたいと考えている

・売って得た利益を知ってモチベーションをあげたい

・物を手放すことが苦手だけどやりたい

・スッキリした気持ちで来年を迎えたい

こういった思いがある方にとって、参考になる自信があります。ぜひ最後までお付き合いください。

追記

この記事に対する感想のコメントを頂きました!ありがとうございます…!

11月に手放した物と得た利益

まずは、11月に手放したものと、それを売って得た利益(手数料は抜いています)を公開します。

売った方法は、ヤフオク・メルカリです。服など買取が難しいものは、リサイクル(無料)で出しています。

手放した物と得た金額

・Switchゲームソフト ¥4,780
・任天堂Switch ¥23,384
・ぬいぐるみ ¥2,052
・コースター ¥174
・アルバムCD ¥1,175
・ヘアワックス ¥522
・自己啓発本 ¥482
・実用書① ¥815
・実用書② ¥1,233
・実用書③ ¥765
・ステッカーシール ¥900

リサイクル
・夏のパジャマ(10月まで使ってた)

合計¥36,282

この1ヶ月で集中的に不要になったものを手放し、スッキリしただけに留まらずこれだけのおこずかいが得られたのは、一石二鳥でした。

Colum

もともと物が少ないため、それほど多くないと感じたかもしれません。ですが、中にはゲーム機など私の中では大きな存在がありまして、これは手放すのに時間がかかりました。

正直、もう数ヶ月プレイしておらず何度も手放そうと思ったのですがその度に「でも、やりたいソフト出たら…」という思いがよぎり、手放せずにいたのです。

ですが、その時は来なかったですし、この迷いを繰り返すことに終止符を打ちたかったので、今回手放すことを決意しました。

利用したサイトと各特徴

今回利用したサイト・アプリは、

・ヤフオク

・メルカリ

この2つです。

今回は利用しませんでしたが、ヤフオクなど自分で出品する事が難しい場合は、「買取サイト」の利用がオススメです(記事最後にリンクを掲載しています

ヤフオクやメルカリなどを利用するメリットは、利益を多く得られることです。しかし、取引メッセージや梱包など、手間や時間を要するため、忙しい方には向きません。

逆に、買取サイトは得る利益が減りますが、簡単に手放すことができます。

多くの物を手放して得たこと

多くの物を手放して得たものは、

・身軽になった感覚

・視覚的ストレスの軽減

・ちょっとしたおこずかい

主にこの3点です。

身軽になった感覚

まず、この「身軽になった感覚」が一番大きいです。所持品が減れば減るほど、管理の手間や選択肢が減ることになります。

もちろん、管理といってもそれぞれの物を毎日綺麗にしたりだとか、選択にしても毎日接している訳ではありません。

ですが、ほんの些細にでも生じるそういったことが減ることによって、自分自身が軽くなったような気がするのです。

例えば、ゲームでアイテムの所有数に限界があると思うのですが(どうぶつの森を知っている方は、それをイメージするとわかりやすいかもしれません)それがMAXに近づくと、売却したりと整理して減らしたくなる感覚です。

容量をパンパンにするのではなく、余裕を持たせることで生じる安心感を得ることができます。

視覚的ストレスの軽減

物が減ることによって、視覚的情報量が減ります。私たちは、それぞれの物を見る度に「あ!ペンだ」「あ!机だ!」などと思ったりしません。ですが、無意識にはそれを認知しています。

それが多ければ多いほど、実は疲れてしまっているのです。格闘ゲームで例えるならば、体力ゲージが何もしていないのにジリジリと減っていく感覚。

ですから、視覚的情報が減れば減るほど、ストレスも軽減していきます。たとえそれが本一冊減ったという些細なことでも変わってくるのです。

補足:視覚的情報が減ればストレスの軽減につながることは確かですが、中には物が多い方が好きという方もいます。(そういった方はこの記事を読んでいないと思いますが…

そういった方にとっては逆にストレスになってしまうため、万人に対して効果があるとは言えません。

ちょっとしたおこずかい

物を譲ることでちょっとしたおこずかいを得ることができます。

もちろん、転売ではありませんから、当初買った額より大きな利益を得るということにはなりません。(プレミア商品は除く

ですが、「今現在」役目を果たし、必要なくなったものをずっと置いておくよりは、必要な方にお譲りし、そこで役立てて頂くことがその物自体にとっても幸せですし、そこでその物の価値=お金を得ることができ、一石二鳥です。

ちなみに私は、ヤフオクでの販売利益はそのままカード引き落とし用口座へ入金(手数料無料)、メルカリでの販売利益はメルペイのコード払いとしてドラッグストアで利用しています。

このように、ちょっとした足しになるのが嬉しいです。

手放したいあなたへのアドバイス・コツ

手放したいけど、なかなかできない…という場合オススメなことは、

・毎日数分でも時間を確保する

・まずは買い替えから始めてみる

・売るなら上旬、売れ残ったら下旬に買取準備

この3点です。

毎日数分でも時間を確保する

1日で一気に片付けをしようとすれば高確率で挫折しやすいです。ですからまずは、1ヶ月かけるつもりで、毎日数分「手放す時間」を確保することをオススメします。

また、「必ず手放す!」というわけではなく、最初は片付けたいエリアをじっと観察してみてください。ここがどうなればスッキリするだろう…と眺めてみて、「いるかな?」と思ったものを手に取り、直感で感じたことをメモしておきます。

実際、「これはもういらないかな」と思っても、「でも高かったし…」などの理由が後から付いてくることが多く、これが手放せない理由の1つです。

そんな時は無理に即決できなくても大丈夫で、とにかくこの、手に取る作業を繰り返せば「やっぱ最初思った通りいらないかな」と、納得して手放すことができるようになっていきます。

まずは買い替えから始めてみる

手放すための時間を確保しても、最初はなかなか実行できないという場合は「買い替え」をしてみると良いです。

なぜなら買い替えは、1つ得れば1つ手放すことになるからです。

プラマイゼロにはなりますが、「古いものを手放せた」ということで手放せた時のスッキリとした気持ちを得ることができます。

売るなら上旬、売れ残ったら買取準備

ヤフオクやメルカリでの販売を検討しているのであれば、「売るなら上旬、売れ残ったら買取準備」を意識することがオススメです。

理由は、販売する期間を決めなければずっと所持することになってしまうからです。

最初に出したら、様子を見つつ値下げしていきます。それでも売れなければ潔く買取の方にお譲りした方がスッキリできます。

まとめ

物を手放すことによって、実は様々なことを得ています。お金はもちろんですが、大きいのは「スッキリ」としたメンタル面でのメリットです。

買った時のことを考えると手が止まってしまいがちですが、大切なのは「今」どう思うかです。

今の自分は日を重ねるごとに着実に変わっていきます。その変わりゆく「今の自分」にふさわしいものを選び、身の回りに置いていく…ということは、日々の生活の質を高め、自分を大切にすることにも繋がります。

時間をかけてでも、今の自分に合うものを選んでいく作業をしてみてくださいね!

オススメ

ヤフオク・メルカリでの販売を検討している方向け

私はヤフオクでの取引歴が5年以上、メルカリ含め総取引数が約600件、高評価100%という実績を持っています。(2020年1月時点)

もし、少し手間を要しても得る金額を大きくしたい!と考えている方は是非こちらの記事を参考にしてください。

フリマアプリが面倒な方向け

ヤフオクやメルカリが面倒くさいという方は、買取サイトを利用した方が早くてストレスなく物を手放せますよ!

実は、本は最新のものや人気作でなければヤフオクやメルカリで売れにくく、売れても手間や送料を考えたら勿体無い…という額のものもあります。そういった場合は、買取サイトを利用した方が早いです。

メディア買取ネット
とにかく本やゲームが多いんだ!という方は特にこちらの利用がオススメ。

DVD・CD、ゲーム、本(漫画・一般書籍)とメディア作品に特化した買取サイトです。

送料無料・自宅でできる・発送用ダンボールを無料でもらえる

という特徴があります。発送用の箱がなくても、向こうから無料で送られる箱を使って買取ができるため、非常に手軽です。

ぜひ活用してみてくださいね。

ゆたか
ゆたか
Twitterでは引き寄せの法則をベースとした、人生の質をUPするための考え方を発信中!フォローすると、望みの世界を生きるための考え方が身につきます!
@itmytkをフォローする!