真面目・優しすぎる方へ

優しすぎ・真面目すぎて生きづらいあなたがもっと人生を楽しむために

「優しすぎる」「真面目すぎる」という言葉にピンときてこのページを見て下さったあなたは、生きづらさを感じていませんか?

「優しい」「真面目である」性格は、とても良い長所だと言えます。

しかし一方で、「優しすぎる」「真面目すぎる」長所が自分自身を苦しめている…ということに心当たりがあるのではないでしょうか。

例えば…

相手のことをよく考えて行動や発言をする

相手を優先しすぎて自分を後回しにしてしまいがち

自分に優しくするのは難しいと感じてしまう

自分の意見がわからなくなる…

物事を深く慎重に考えすぎるが為に、身動きが取れなくなる

人に迷惑をかけてはいけないという思いが強い

完璧でないと気が済まない

自己肯定感が低い…

などなど…

実は今挙げた項目は私が過去に感じていたことで、かつ苦しんでいたことでもあります。正直生きてるだけでハードモードですし、人生は苦しむ為にあると思っていました。

私は周りからよく「優しすぎる」「真面目すぎる」と言われており、それは一見素敵な長所だと言えたのですが、度が過ぎたために上記のような生きづらさを感じていたのです。

全体的に、昔と比べてメンタル面の疾患…例えば、うつ病などの話がそう珍しくない時代となりました。よって、うつ病になりやすい人の傾向というものを聞いたことがあるかもしれませんが、その中に「責任感が強く真面目である」「人に優しい」という特徴があります。

このように、優しさや真面目さが生きづらさに繋がってしまうことは明らかですが、正直しんどいですよね。

この記事では「優しすぎる」「真面目すぎる」あなたが、その生きづらさや苦しみから解放され、自分が何をしたいのかを知り、人生をもっと自分の思う通りに、そして楽しく楽に生きられるようになる方法をまとめました。

もしかすると、真面目なあなたは「人生を楽に生きるなんて甘えてる」、そして優しいあなたは「私が思う通りにしたら他の人が傷つく」と思うかもしれません。

または、「そんなので楽になれたら苦労しない」と怒りを覚えるかもしれません。

ですが、心のどこかで生きづらさから解放されたい気持ちがあるのではないでしょうか。

本記事で伝えたいことは、単に毎日をポジティブに!楽しいことだけ起こす!ということではありません。(もちろんそれはそれで良いのですが笑

例えば、朝起きて「今日も1日が始まる…」と絶望的な気持ちになる毎日ではなく、「今日は何をしようかな!」と明るい気持ちで始められるような、そんな些細であるように見えて本当の幸せな日々をゴールにしています。

本記事には、私が10年ほど自己啓発本読み、心理学を失敗しながら学び、自分で実験しながら現実を改善した結果(考え方・具体的な行動)をまとめました。

23年ほど自分の長所(優しすぎ・真面目すぎ)によって、生きづらさを抱えて苦しんだ私ですが、今は人生を遊ぶように楽しんでいますし、むしろ人生は私が楽しむためにあると心から思っています

しかし、優しさや真面目さを完全に捨てたわけではありません。今でもよく「優しい」とか「真面目」だと周りに言われます。長所としてその特徴を持ったままでも、自分の人生の生き方を変えることができるのです。

「優しい」ことや「真面目」であることは、正直とても素敵なことだと思います。

だからこそ、かつての私のようにその長所によって生きづらさなどで苦しむ人が多くいるのは正直辛く、耐え難いのです。だからこそ、少しでも多くの方に自分の世界を改善していただきたく、この記事を作りました。

読み終わり、書いてあるワークを実践したあなたは、

思いやりの気持ちを持ったまま

自分のことも優先できるようになり

自分にも優しくできるようになり

自分の気持ちや本音に耳を傾けられるようになり

フットワークが軽くなり

迷惑をかける罪悪感が減り

完璧でなくても安心でき

自己肯定感が上がる

など、生きづらさの一因となるものから解放されます。

ただ、こういったことは日々の意識や行動によって変わっていくものです。ですから、1度読んで終わるのではなく、繰り返し下記に掲載する記事を読むことで効果を発揮していきます。

そのためのお手伝いをさせてくださいね。では、一緒に楽になりましょう。

 

 

 

優しすぎ・真面目すぎる人が生きづらさから解放される2ステップ【仮】

「優しすぎ」「真面目すぎ」な人の特徴を大きくまとめると、

自分より他人を重視する

→自分の意見や本心、何がしたいのかわからなくなる

完璧主義である

→常に周囲の目が気になってしまう

→人に迷惑をかけてはいけない意識が強い

自己肯定感が低い

→他人からの評価に依存し、より他人重視になる

考えすぎてしまう

→身動きが取れなくなってしまう

主にこういったことが挙げられます。

これらの苦しみから解放されるために、2つのステップを用意しました。

STEP

そもそもなぜ自分がそういった考え方になってしまったのか、

その原因となった過去や経験を明確にし、受け入れた上で

新たな思考を送り出すワークを行う

STEP

自分を優先する癖をつけ、自分の声を取り戻す!

自分の本当の気持ち、やりたいことを知ることでモヤモヤから解放される

8つのワーク

これらの記事を読み、ワークを実践することで、生きづらさやモヤモヤとした感情を克服していきます。

STEP1

苦しい思考の原因を明確にしてその記録にアプローチ【望む思考へ変換】「優しすぎ」「真面目すぎる」方が、生き辛さから解放され、人生をより楽に生きるには、まず現在の性格や思考になった原因を明確にし、その原因を...

STEP2で行うワークをするための準備段階です。

①現在の苦しい考え方をするようになったキッカケを探り、

②明確になった原因に対して、ありのままを受け入れ

③「これからはこうしたい」という思考にすり替える…

ということをまずは行います。

STEP2

根拠なき自信を持ち楽な思考を手に入れる【アファメーションを活用】優しすぎる、または真面目すぎる性格によって、生きづらさを感じているあなたが、少しでも心をほぐすためにはアファメーションが有効です。 ...

STEP1で、新たな思考を送り出すことをしましたが、アファメーション(自分に対して肯定的な宣言を行うこと)として繰り返すことで、潜在意識(本音…つまり、心の底から思えるようになること)に働きかけます。

このワークを行うだけでも、今まで自分が見てきた世界に変化が訪れ、効果的なアクションです。

自分に優しくする練習を小さなことからする【意外とできてない】優しすぎる、または真面目すぎる性格であるがために、生きづらさを感じているあなたは、「自分に優しくする」ということに馴染みがないかもしれま...

上記のアファメーションを行うとき、自分の内面を整えた状態だとより強い効果を発揮することができます。

「自分に優しくする」為のワークの1つが自分に優しくする「小さなこと」を行うことです。

持ち物や身の回りの物を整える【物が心に与える影響は大きい】優しすぎる、または真面目すぎる性格であるがために生きづらさを感じている今、自分に優しく接するですとか、自信を持つということが難しく感じる...

「自分に優しくする」為の2つ目のワークが、身の回りの物を整えることです。

物が心に与える影響は意外と大きいですから、物にアプローチすることも大切になっていきます。

優しい言葉を自分にかける【絶大な力を持つ言葉の力を活用する】優しすぎる、または真面目すぎる性格によって生きづらさを感じているあなたには、自分に対して優しい言葉をかけることが欠けている可能性がありま...

「自分に優しくする」為の3つ目のワークが、自分に優しい言葉をかけることです。

自分に対して厳しい言葉を投げかけることは、あまりにも無意識でやっている為気づいていないことが多いかもしれません。

そこを意識的に優しい言葉に変えていくことで、自分に対して自然に優しくなれるように変わっていきます。

ネガティブな気持ちを放置しない【自分を大切に扱えるようになる】優しすぎる、または真面目すぎる性格によって生きづらさを感じているあなたは、ついネガティブな気持ちを長く引きずってしまう傾向にあるかもしれ...

自分に優しくすることと同じくらい重要なのが、自分のことを大切に扱うことです。

ネガティブな気持ちを否定したり、蓋をするのではなく、「そう感じているのだな」というサインとして受け入れ、ネガティブのままで終わらせない…ということをしていきます。

人に甘える練習をする【迷惑をかけてはいけないというブロックを解決】優しすぎる、または真面目すぎる性格によって生きづらさを感じているあなたは、人に甘えるということが苦手かもしれませんね。 例えば、頼...

真面目すぎる人に限らず、日本人の思考として「人に迷惑をかけてはいけない」という風潮が強く、そう教育を受けた人も非常に多いです。

しかし、人は迷惑をかけずには生きていけない存在で、それを否定してしまうと苦しくなってしまいます。

常識の範囲内で、「迷惑をかけてはいけない」という強いブロックを解決していきます。

満点を目指さない【完璧主義から緩くなって物事をより成功させる】 今回は「満点を目指さない」を目指すためのお話です。 この記事の内容を理解し、実践することで、完璧主義な性格によって起こる苦...

完璧主義であることは、心も体も疲弊してしまいますし、必ずしも結果が良いとは限りません。

ですから、完璧主義を少し緩めることで、少し楽をしながら結果もよくしていく…という方向へ持っていくワークを行います。

自分に対して本音を優先する【まずは自分の為に行動しよう】優しすぎる、または真面目すぎる性格によって生きづらさを感じているあなたは、他の誰かの意見は尊重できるけど、自分の意見や本音は後回しにして...

最終的に、自分の本音をもっと優先し、発言していけるようにするためにまずは自分に対して本音を優先していきます。

いきなり他人に対して自分の意思を尊重することが難しい場合は、まず自分に対して自分の本音を優先していく練習をしましょう。

最後に伝えたいこと

以上の項目を繰り返し読んで理解し、実践していけば、今まで生きづらいと感じていた自分の世界が変わっていき「自分はもっと人生を楽しんで良いのだ」と気付いていくと思います。

実際に私が長年の生きづらさから解放された経験を元に、どういった行動や考え方が効果的だったか…というものをまとめています。

ですから、自信を持ってあなたに提供できます。

しかし、中には腑に落ちなかったり理解ができない箇所があったかもしれません。ですが、それを心配する必要はありません。

なぜなら、世の中にはいろんな解決法があり、この記事を読んで100%の人が解決できることはあり得ないからです。

不快に感じたり、疑問に思うことは、あなたの感覚としてごく正常ですから、どうぞ不安に思わないでくださいね。

また、そういった箇所があっても「理解したい」「解決したい」という思いがあれば、遠慮なくお問い合わせフォームまたはSNSのダイレクトメールにて質問いただけたらと思います。

反対に、「これは絶対いやだ!」というものは決して行わないでください。

あなたが本記事の内容を完全に理解できなかったり、全てを実行できなかったとしても、別の方法であなたが自分の生きづらい世界を変え、幸せになることは十分可能なのです。

正直、1つでも実行できれば今までとは少し見える現実が変わってくるはずですから。自分が心地よいと感じることをすることを大切にしてください

また、「これは良いかも」と思っていただけたならば、ぜひ繰り返し読むようにしてください。飽きたら目次を確認するだけでも構いません。

とにかく何度も目を通して、自分の中に落としていくことが大切になってきます。

なぜなら、生活していく中でここで書かれてある内容を忘れてしまう可能性が高いからです。

人は、変わることを恐れる生き物…。もちろんそれは、自分を守るための反応ですから、悪いことではないのですが、せっかく良い方向に行こうとしても、良し悪しの区別なしに引き戻そうとしてくるのがやっかいですね。

ですから、日常のなかで「やっぱり無理かも…」と思うことはいたって普通のことなのです。

しかし、ここで戻ってしまってはずっと苦しみに囚われたままです。特に実行できないこともあるでしょうが、問題ありません。

すぐにできなくても、この記事を読んでくださったあなたは必ず最終的には人生を楽しむということを知るようになります。

そのためにも、繰り返し、目次だけでもいいので目を通すようにしてみてくださいね。

今抱えている生きづらさが、「今日は何をしようかな!」と心から思える状態に変わっていくことを応援しています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ゆたか
ゆたか
Twitterでは引き寄せの法則をベースとした、人生の質をUPするための考え方を発信中!フォローすると、望みの世界を生きるための考え方が身につきます!
@itmytkをフォローする!