心を守る・癒す考え

周りから見たら贅沢なのにつらいと感じるのは甘えか【贅沢な悩みは打ち明けにくい】

周囲からは羨ましいと思われる状況にある、または自分で恵まれていると感じるのに、なんとなくモヤモヤとした気持ちになったり「つらい」と思うことはありませんか。

また、そういった状況から、「甘え」と捉えられそうで、なかなか相談できずにいませんか。

今回はそういった方に向けて、

・贅沢に思われるのにつらいと感じるのは甘えなのか

・この「つらい」状況をどうしたら良いのか

この2点についてお話しします。

余談ですが、この記事は実際にそういう状況にある人が友人に打ち明けたところ「甘え」だと言われて余計に辛くなってしまった…という出来事があったのをきっかけに書いています。

そういった方の心が救われれば幸いです。

 

贅沢な状況でつらいと思うのは「甘え」なのか

例えば、

・自分は有名な学校に進学できた

・一流の企業に就職できた

・家庭が金銭的に恵まれている

・皆が羨むような人と交際している

…など、こういった、他人から見て明らかに「羨ましい」と思われるような状況でも、なんとなくモヤモヤとした気持ちになることがありますよね。

そして、それを打ち明けると「嫌味だ」と捉えられたり「わがままだ」と言われたりする経験はないでしょうか。

ですが、果たしてそれは「甘え」なのでしょうか。

結論、「甘え」ではない

それは、甘えではありません。

自分が「つらい」と感じるのには何かしら原因があり、「他人から見て羨ましい状況にあるから」といって、幸せとは限らないからです。

そして、「他人から見て羨ましい状況」が必ずしも自分が望んだものではないからです。

例えば

・自分は有名な学校に進学できた

→本当に行きたい学校ではないかもしれない

・一流の企業に就職できた

→入ってみたらギャップを感じたかもしれない

・家庭が金銭的に恵まれている

→家族の関係に問題があるかもしれない

・皆が羨むような人と交際している

→付き合ってみて合わないと感じているかもしれない

…このように、一見良いように見えることも、本人にとっては問題であることがあります。

 

何故「甘え」と言われるのか

他人から「甘え」と言われてしまうのは、その人自身が不足していると感じているものをあなたが持っているからです。

「私が持っていないものを持っているくせに、贅沢言うな」という心情です。ですが、その人の欲しいものがあなたにとってそうとは限らない為、真に受けて落ち込む必要はありません。

例えば

ここでは分かりやすく物品に例えます。

あなたが凄く欲しいと思っている「カバン」を友人が持っていたとします。

しかし、その友人が

「このカバン、貰ったんだけどイマイチなんだよね。使いにくいし、デザインもあまり好みでないし…だからあまり使おうとは思えないのよね」と言えば、

「じゃあ私にちょうだいよ!?」と内心思いませんか?

その人にとっては「合わない」と感じるものが他の人にとってはとても欲しいものであることが多くあります。

だから、持っていない人の立場から言えば「甘えだ」と感じてしまうのです。

このつらい状況をどうしたらいいか

とはいえ、この状況はつらいですよね。

自分自身がモヤモヤとした気持ちを持っていても、「贅沢な悩み」ほど打ち明けにくいかもしれません。

ここで、そういった「つらい状況」を打破する方法をお伝えします。

自分の願望を明確にする

自分は贅沢な状況にあるのに、「つらい」と感じてしまうことを解決するには、自分の願望を明確にする必要があります。

周りに羨ましいと思われる状況が必ずしも自分にとって良いこととは限らないからです。

また、今まで無意識のうちに「周りがいいと思うこと」を優先して選択していた可能性もあります。

繰り返し例に挙げている

・自分は有名な学校に進学できた

・一流の企業に就職できた

・家庭が金銭的に恵まれている

・皆が羨むような人と交際している

この4つの中で、家庭の問題はともかく、進学や就職、交際相手など…自分が良いと思うよりも「周りの評判が高いから」と無意識に選択していた場合、ギャップを感じやすくなってしまいます。

そうではなく、「自分がどうしたいか」で選ぶようにすれば状況は変わります。

願望を明確にするには

自分の願望を明確にするには、今の状況を見つめた上で、

・人から羨ましがられたり、尊敬されなくてもそれをするのか

・他人から批判されてもそうするのか

この2点を自分に聞いてみてください。

それでも「好きだ」「やりたい」と思うことが本当に自分がやりたいことです。

もし、今の状況が全て心から「やりたい」ことに該当しなかった場合、今の状況の逆をあえて考えてみたり、別の可能性を考えてみたりしてください。

自分について知ることは難しく、簡単に自分の願望に気づくことはできませんし、時間もかかります。

しんどいですが、じっくり向き合ってみて欲しいのです。そうすれば、現実とのギャップを解決することができます。

願望が明確になったら

願望が明確になれば、あとはそれを「叶う」ものとして考え、できることを行動してください。

「つらい」と感じる原因の1つとして、自分の願望がわからないことにあります。ですから、自分がやりたいことが決まればあとはそこに向かうだけです!

まとめ

「贅沢な悩み」と言われるものほど、人に打ち明けるのは難しいかもしれません。

ですがそれは、あなたの「甘え」ではなく、本当にやりたいことができてないことに対する苦悩です。そこに「つらい」と感じるのは当然ですから、安心してください。

そしてそれを解決するためには、自分の今の状況を見つめた上で、

・人から羨ましがられたり、尊敬されなくてもそれをするのか

・他人から批判されてもそうするのか

この2点について考えてみてくださいね。

 

ゆたか
ゆたか
Twitterでは引き寄せの法則をベースとした、人生の質をUPするための考え方を発信中!フォローすると、望みの世界を生きるための考え方が身につきます!
@itmytkをフォローする!