真面目・優しすぎる方へ

持ち物や身の回りの物を整える【物が心に与える影響は大きい】

優しすぎる、または真面目すぎる性格であるがために生きづらさを感じている今、自分に優しく接するですとか、自信を持つということが難しく感じるかもしれません。

心は見えないものですから、そういう意味ではメンタル面にアプローチすることは、そう1日や二日でできるものではないと言えます。

ですが、物にアプローチすることは比較的簡単で、それを行うことによって心にも良い影響を与えてくれますよ。

今回は「持ち物や身の回りの物を整える」について解説します。

※この記事は

優しすぎ・真面目すぎて生きづらいあなたがもっと人生を楽しむために「優しすぎる」「真面目すぎる」という言葉にピンときてこのページを見て下さったあなたは、生きづらさを感じていませんか? 「優しい」「...

に相当する対応する記事です。ですが、「自分が今、問題に感じている性格や考え方を良くして、現実を変えたい!」と考える方にとっても参考になるはずです。

 

持ち物や身の回りの物を整える

持ち物や身の回りのものを整える(買い替えをする、クリーニングするなど)ことは、自分に優しくすることに繋がります。

なぜなら、物を整えるということは、自分を大切にしているからこそできる行為だからです。

自分に優しくできる人は、自分が使用する物に対して愛着を持っていたり、大切にしています。

少し前に、ミニマリストという言葉や、物を減らすことで人生の質をよくする…という「シンプルライフ」に関することが話題になりましたが、「物」が人の心に与える影響は意外と大きいのです。

よって、自分が持っている物にアプローチすることが大切になっていきます。

例えば

「物」といっても、たくさんあります。

それを一気に全て買い替えたり、綺麗にする…ということは至難の業です。

ですから、中でも注目する物を例えとして載せておきます。

衣類

・私服

・部屋着やパジャマ

・下着類

部屋にあるもの

・布団

・家具

物を整えるポイント2つ

持ち物や身の回りのものを整える(買い替えをする、クリーニングするなど)をする時の大切なポイントが2つあります。

それは、「高級品にこだわらない」ことと、「誰かに見せないものにこだわる」です。

高級品にこだわらない

傷んだ物を買い替えるとき、必ず高価なものを買わなければいけない!というわけではありません。

もちろん、とても気に入ったものであれば、高価な物でも良いですが、高級でなければ意味がない…というのは違います。

大切なことは、どれだけその物に対して愛着を持っているか、近藤麻理恵さん(こんまりさん)の言葉を借りるなら「ときめきを感じるか」、そして清潔感です。

よって、高価=良いという判断基準は捨てて下さい。安いからダメというのではなく、自分がより好きである…という感覚が大切なのです。

誰かに見せないものにこだわる

普段、人に見せる機械の少ないもの…例えば、部屋着やパジャマ、下着など。こういったものほど先にこだわるように意識すると良いです。

人に見られるもの…例えば、服やカバン、靴などは優先的に手入れをしたり、極端に傷んでいたら買い替えますよね。その理由は、人に見られて恥ずかしい思いをするから…という理由が主なのではないでしょうか。

こうして、見えないものほど「見られないから」という理由で後回しにしてしまいがちですが、自分が見ているということを忘れてはいけません。

自分=大切な存在が見ているどころか、身にまとったり使用しているのです。ですから、人目に触れないものほど、こだわって欲しいのです。

物を整えるコツ2つ

物を整える…ということに気が進まなかったり、いまいちどうして良いかわからない場合は、以下の2つのコツを参考にして下さい。

大切な人に貸せるかどうかを判断基準にする

ものを買い換えようか…と迷った時に考えて欲しいことが、「これは人に貸せるか」ということです。

大切な人に置き換える…ということを前回のワークで行いますが、それと似ています。

もし、大切な人が家に泊まりに来て、パジャマを貸さなければならないという場面があったら、あなたは、今持っているそのパジャマを貸すことはできますか?

もし傷んでいたり汚れていたら、急いで洗濯をしたり、新しいものを買ったりするのではないでしょうか。

そうしなければならない!と感じたのであれば、いま持っているものはそうした方が良いです。

大切な人に使わせられないものは自分(=大切な存在)にも使わせてはいけません。

「これでいいや」ではなく「これがいい」

「これでいいや」という言葉が口癖になったり、当たり前になっていませんか。

しかし、大切なことは「これがいい」と思う感覚です。「これでいいや」と思ったものに関しては、少し待って下さい。

大切な自分に相応しい…と思うものに妥協はいりません。「これがいい」と直感で感じたらそれが正しいと判断すると良いです。

まとめ

自分に優しくするにはどうしたら良いか」という具体的なワークの2つ目「持ち物や身の回りの物を整える」でした。

物が人の心の状態に与える影響は意外と大きいです。ですから、物を整えることが自分へ優しくすることに繋がるのです。

ポイントとして、

・高級品である必要はなく(安い=ダメではない)

・人目に触れない物ほど整える必要がある

そして、物を整えるコツとしては

・大切な人に貸せるかどうかを判断基準とし、

・「これがいい」と思うものを選ぶ

ことが大切です。

このトピックのトップページ

優しすぎ・真面目すぎて生きづらいあなたがもっと人生を楽しむために「優しすぎる」「真面目すぎる」という言葉にピンときてこのページを見て下さったあなたは、生きづらさを感じていませんか? 「優しい」「...
ゆたか
ゆたか
Twitterでは引き寄せの法則をベースとした、人生の質をUPするための考え方を発信中!フォローすると、望みの世界を生きるための考え方が身につきます!
@itmytkをフォローする!