潜在意識・引き寄せ系

自分が何を望んでいるのか分からないを解決する3ステップ【ゴール設定】

今回は、はっきりしていない「自分の望みを明確にする方法」を3ステップでお伝えします。

結論から言うと、

①「こうなったら嫌だ」をカテゴリー別に書き、逆にしてみる
②今ある望みをなぜ叶えたいのか理由を掘り下げる
③以上の望みを妄想してみてピンとくるか試す

こちらの3ステップで自分の「やりたい」をはっきりできます。

「夢ややりたい事、あるのはあるけど叶っていない…」という場合も大丈夫。

それは、本音の部分で拒否していたり、建前の願望である可能性もあります。それごとはっきりさせていきましょう。

「自分の好きなことが分からない」場合もOKです。

これからお伝えする方法は、その状態でも問題なくできます。むしろ、それを実践する事で感覚を徐々に取り戻していく事が可能になります。

ぜひ紙とペンを用意して取り組んでみてください!

 

 

 

①「こうなったら嫌だ」をカテゴリー別に書き、逆にしてみる

まずは、ネガティブな感情を書き出します。

望みはポジティブな感情。実はいきなりそこから考えるのは難しいのです。

逆に、ネガティブな事を思いつくのは比較的簡単にできます。よって、最初にすべきことは「こうなったら嫌だなぁ…」をはっきりさせておくこと。

自由度が高いと、多すぎて浮かばない事があるので、

仕事・恋愛・お金・健康・美容(容姿)・人間関係・その他

というカテゴリーを作り、その中でいくつか考えてみましょう。

例えば、このように書き出してみてください。

そしてこれらを逆にしてみると、次のような願望がわかります。

自分はこんなことを望んでいたのだと、書き出して何となくわかってきたのではないでしょうか。

まだこの段階では「何となくこんな感じなのかな?」くらいで構いません。

②今ある望みをなぜ叶えたいのか理由を掘り下げる

①で出てきた願望たちと、もともと自分が叶えたいと思っていたことを、箇条書きして、「なぜそれを叶えたいのか」と理由を深掘りします。

そうすることで、表面上しか分からなかった願望の奥深くにあった「本当に叶えたいこと」に気づく事ができ、行動動機が強くなるからです。

また、「偽物の願望」を見極めることもできます。

自分が叶えたいと思っていた望みが実は、「人から言われたもの」だったり、ただ評価されたいだけの建前願望だった…ということも実はあります。

それも、「なぜ?」と深掘りると明らかになります。

例えば…

「月収○○万になる!」→なぜ?→「ネットでよくそう書いてるから…」→なぜネットに書いてるその額が妥当?→「うーん……何でだろう?(あれ?これって自分がそうなりたいんじゃなくて、そう思わされていた?)」

このように、なぜ?と聞き続けることで、他に影響を受けていることに気づけます。自分の中から湧き出たものでないと、行動する動機が弱くても無理はないですよね。

上記の例を続けると、

「うーん…何でだろう?」→じゃあ月収いくらなら余裕があると思う?→「△△万円くらいかな」→じゃあとりあえずそこを目指すところから始めたらどう思う?→「○○万円よりもしっくりくるかも!」→それが達成したら何に使いたい?→「これくらいは生活費とかで……あとは意外と使い道ないかも」→じゃあどうしてそんなに欲しいの?→「たくさんあったほうが安心するから…あっ、自分が欲しいのはお金じゃなくて安心感だった…?」

という感じで、「なぜ」から発展させて自分の本音と会話するようなイメージで書いていきます。

この作業を行うことで、より自分の望みを明確にできる上に、自分の本当の願い…この例で言えば、○○万円を得ることより、安心感が欲しい…ということがはっきりしますね。

この深いところにある願望が分からないままだと、たとえ○○万円より稼げたとしても、その次が欲しくなり、追い続ける状況になってしまいます。

こうして「なぜ」と問い続けた先に、自分の奥底で望んでいることが見えてきますから、非常に大切なポイントです。

③以上の望みを妄想してみてピンとくるか試す

ここまで、ぼんやりしていた様々な望みが明確になりました。ここで最後に試していただきたいのが、各項目を妄想してみること。

その望みが叶った状態をイメージしてみてください…

もしそれでニヤッとしたり、嬉しくなるなど気分が高まったら、それはもう叶うものなのだと決めてしまいましょう。ここで「望みを明確にする」ことは達成できました。あとは叶えていくだけです。

逆に、あまりピンと来ないものも中にはあるはずです。妄想するのもめんどくさい…というのもあるかもしれませんね笑

そういったものは、手放してしまいましょう。

あれもこれも…というよりは、自分が本当に叶えたいことに集中した方が、余分にエネルギーを使ってしまう心配も無くなります。

あまり楽しくなさそうなことを願ったり、叶わないな〜って思うのも疲れてしまうので、この段階でピンと来たりワクワクしなければ、ひとまず手放してしまいましょう。もしかしたらまた近い未来でそれを望むかもしれません。

ポイント

願いは途中で変わっても全く問題ありません。

なぜなら、意識レベルは変わっていくから。それに伴い、自分の望みが変化するのも不思議なことでは無いため、「ちょっと違うものに変わりましたので」と手放してしまいましょう。

まとめ

以上が、自分の望みを明確にする方法でした。

①「こうなったら嫌だ」をカテゴリー別に書き、逆にしてみる
②今ある望みをなぜ叶えたいのか理由を掘り下げる
③以上の望みを妄想してみてピンとくるか試す

この3ステップをぜひお試しください!

なんとなくつまらない日々を過ごしている…というとき、内にある望みを押さえつけているかもしれません。または、見ないようにしているだけかもしれません。

ですが、それをはっきりさせて、ゴールが見つかったとき、毎日がもっと楽しくなることを実感できるはずです。

関連記事

活動的な私になりたい!を叶える5つのポイント【ダラダラ解決】今回は、「ついダラダラしてしまう…けどもっと活動的になりたいんだ!」という方に向けて 省エネでやることを終わらせる3つのポイン...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。