周りを気にしすぎてしんどい

みんなが言ってるのは感想、それで私の事実が変わることはない。

きつい言葉を投げかけられた時。真面目な方ほどその言葉が頭の中で何度も繰り返され、何をしていても、それを思い出してしまう…ということがあるでしょう。

そんな時、「あくまでもその人の感想なんだな」と捉えると、心のダメージを軽くできます。

また、その視点で見ることによって、自分と異なる考え方を知ることができ、それが新たな発見を呼ぶこともあります。

なぜなら、「それが事実である」が錯覚だと気づくことができるからです。

相手の言葉を真に受けた時、さも言われたことが事実であるように感じてしまいます。断言された場合は尚更そうです。

しかし実際は違います。

例えば、SNSで見かける中傷で…

「この人可愛くない」

「この人の言ってることは胡散臭い」

「お前なんか売れない」

こういった言葉を見かけます。気分はよくないですが、この言葉に

「この人可愛くない…と私は思っているよ」

「この人の言ってることは胡散臭い…と私は思っているよ」

「お前なんか売れない…と私は思っているよ」

このように「…と私は思っているよ」と付けることで、一気にニュアンスが柔らかくなります。

そう、なぜならそれはその人の感想でしかないからです。よって、事実とは関係ありません。

容姿も、可愛いか否かは人によって感じ方が異なります。あの国民的アイドルにだって可愛くないと言う人はいるのです。それが嫉妬であろうと本音であろうと「その人が可愛くない」のは言ってる人の中でだけ。言われた側の事実ではありません。

考え方の否定もそうで、相手にとっては合わないだけの話です。私がこのブログで主張していることも「胡散臭い」と思う方はいるでしょう。ですが、それもその人の中でだけ。

ただ、ここで「胡散臭いと感じる人もいるんだな」と気づくきっかけになったと考えれば、書き方や表現を変えるなどの改善ができます。これが、自分だけでは気づき得なかった《新たな発見》です。

「お前なんか売れない」という言葉も、そんなやり方じゃできないでしょ…とその人が思っているだけの話。

全ては感想です。あなたと違う考え方の人は山といるため、それを全て一致させるのは不可能ですし、あなたがそれに合わせる必要はないのです。

とはいえ、感想といっても、そう思われていること自体がつらいですよね。そこでダメージを受けることはなんの不思議でもありません。

ただ、そこで落ち込むだけでなく、「それはあくまでもその人の感想なのだ」と強い自己否定にハマるのをやめたら、学びに変えると自分のためになります。

ひどい言葉であっても、そういう感想を抱く人がいた。つまりそれは、自分の考えの外側を知るチャンスでもあったと言えます。

自分の貫くところは貫いて、気づかなかったところは学びとして吸収する…それが今後自分にとって良いことになり得ますし、今後何か言われても、必要以上に傷を深めることはなくなります。

批判的なことを言われて傷ついた時、ぜひこの捉え方を思い出してみてください。嫌だったことも自分の魅力の肥やしにしちゃいましょう!

関連記事

攻撃的なことを言われた時の5つの考え方・捉え方【つらいを緩和】職場や学校、友人関係…あるいはインターネット上で、攻撃的な言葉をかけられたり、理不尽な怒られ方をすると、つらいですよね。 そんな時...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。