自分を好きになりたい

この3つを意識すれば良いことを引き寄せやすくなる

今回お伝えするのは、良いことを引き寄せやすくする3つのポイントです。

かつてネガティブ思考が非常に強かった私は、『自分は不幸な人間なのだ』と思い込んでいました。そしてその時期は確かに、その通りだなあと実感する出来事が起きていたのです。

それからいろいろあって…今では全く不幸だなあと感じることがなくなり、自分でも驚きました。その自身の経験を踏まえて、「これを意識すると、良いことばかり引き寄せやすくなるぞ」ということを3つまとめてみました。

以下のことを意識し、取り組むと日々の幸福感度がどんどん上がっていきますよ!

 

①当たり前だと思うことに目を向ける

当たり前にあることはありがたいことです。しかし、それらはあまりにも身近なこと。意識しなければ、それを実感したり感謝する機会はつい少なくなりがちです。

そこで、自らアンテナを張り、気づくことで、普段の何気ない生活がいかに幸せであるか実感できます。そこがまず第一歩です。

当たり前と呼ばれるものの有り難さに気づき、幸せだ…と感じることができる。まずそこで幸福感を得ることができる上に、自分の心の波動(良い気分を感じるなど)も上がり、同質の物事を引き寄せてくれます。

私が普段感じている「当たり前だけどありがたいこと」をほんの一部だけ紹介しますと…

参考

●朝起きたら日が昇っている

→清々しい気持ちにさせてくれる

●ご飯が美味しい

→食べられる、美味しいことが幸せ

●水が普通に出る

→いつでも飲むことができる

●いつも通り職場や学校に到着

→トラブルがないことがありがたい

最初は感謝に至らずとも、ゲーム感覚で見つけてみるのもOKです。

続けているうちに、それが癖になり、自然と心から「ありがたいなぁ…」と思う時がきます。

②良いことを深掘りする

何か「良いこと」があったら、その出来事だけではなく、他の要素も探してみます。①と似ていますが、すでにあるものになるべく多く気づくことが、幸福感度を高めることにつながります。

例えば

●今日のランチ美味しかった

→美味しくて嬉しい

基本的にはこの1つだと思いますが、他の要素も探してみます。

→お店の雰囲気もよかった

→友達と話せて楽しかった

→好きな食べ物が増えた

など…

1つの出来事に対して、いろんな「いいこと」があります。これも連想ゲーム感覚で行うと楽しいです。

③オーバーリアクションをしてみる

良いことが起こると、

「やったー!」「嬉しい!」「ラッキー!」「幸せ〜!」

こういった感情になりますよね。そこで、さらにオーバーリアクションをして、自分の嬉しい気持ちを増幅させます。

もちろん、1人の時はともかく人前では難しいと思いますから、心の中でも大丈夫です。

例えば

●憧れの人に会えた

→「嬉しい〜!」

この感情をもう少しオーバーに感じてみる…

→「わあああ!やったー!あの人に会えたとか今日すごいラッキー!最高に幸せ〜!!ありがとうございます!はぁ〜〜〜嬉しい〜〜〜!」

同じ「嬉しい」でもだいぶ違いますよね。

ちょっとアホっぽいと感じるかもしれません笑

ですが、このハッピーな気持ちを大袈裟でも存分に感じることで、より良いことを引き寄せることは事実です。

「笑う門には福来たる」ということわざがありますが、これは単なる気休めの言葉ではなく、事実だからこそ言われ続けていることなのです。

下がった口角をあげて思い切りアホになりましょう!喜びや楽しさを言葉や身体(笑顔など)でしっかり表現すると、より良いことは増幅し、新たなラッキーを呼び寄せてくれます。

まとめ

良いことを引き寄せやすくなるポイントは

●当たり前と思うことにフォーカスしてみる

●いいことを深掘りしてみる

●オーバーリアクションをしてみる

この3つでした。

「常にある」ものに目を向けること、そしてそれに対する「ありがとう」や「嬉しい」というハッピーな気持ちを表現することを意識すると、あなたの状態に合わせて現実も良くなっていきます。

これは私が実際に体験したことです。ぜひ、遊び感覚で楽しく取り入れてみてください。

関連記事

「最近良いことがない」と感じる時にやるべきこと2つ【人生のいいことを増やす】最近いいことがないな…とモヤモヤする時、ありますよね。 ですが、それは単に悪い出来事ばかりが起こっているのではなく、原因があります...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。