自分を好きになりたい

習慣にしたいのに続かない!を解決する2つのルール【自分との約束を守る】

今回は、

「習慣にしたいことがあるのに『今日はめんどくさい』に負けてついやめちゃう…を解決する2つのルール」

についてシェアします。

何か新しいことを始める時はワクワクするけど、それを続けるって意外に難しいですよね。

「続ける!」と決意しては途中で「めんどくさい」気持ちが勝り、挫折してしまう…そういったことを繰り返すと、自分に対して嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、それはあなたが甘いとかダメという話ではなく、ちゃんとした理由があるのです!

むしろ、真面目で優秀な方ほど陥りやすい罠でもあります…。

その理由を解決する内容も含めた、2つのルール。

これを抑えれば、習慣化することができますし、「続かない自分」にがっかりすることもなくなります。

結論から言うと、習慣化するものはなるべくストレスのないようにすることが大切だということ。そして、2つのルールとは、

  1. ハードルをとことん下げる
  2. 本当に必要なのか考え、不要ならキッパリ手放す

です。

①ハードルをとことん下げる

まずは、ハードルをとことん下げること。いきなり多くを得ようとするから、継続しないのです。

何かを始めるぞ!と決めた時はモチベーションが最も高い状態ですよね。だからこそ、新しくやることでも最初のうちはあまりストレスを感じることなくバリバリできてしまいます

しかし、問題は数日経った頃。今までしていなかったことを急にたくさんやりだすと、あなたの中にある「現状維持をしようとする心」がブレーキをかけてきます。

心理学の言葉で言うと「ホメオスタシス」。ダイエットに詳しい方は聞いたことがあるかもしれません。

ダイエットをした最初は体重が落ちやすいですが、しばらく経つと頑張っても落ちません。というよりは、生命の危機を身体が察して、落ちないようにキープしてくれているのです。

この働きが、習慣化を妨げています。(正しくは、守ってくれているのですが

だからこそ、とことんハードルを落とすことが大切。

命を守るために、現状維持をしたい身体が元に戻そうとしてくるので、「めんどくさいなぁ」と感じても当然。そこを甘えだ!と頑張るから反動が大きくなってしまいます…。

だからこそ、今までよりペースを落とすことが重要なのです。

例えば

●1日1時間していた勉強を30分に、それでもめんどくさいなら1分でもOK
●1日100回していた筋トレを50回に、それでもめんどくさいなら5回でもOK

「え!?それならやっていないのと同じでは!?」というくらい落ちて大丈夫です。大切なのは続けることですから。

正直、1分ならやろうと思いますよね(笑)

実際、1分やってみてそのまま勢いがつけばそのまま続けたら良いですし、それでも面倒ならば1分で終わって十分です。

真面目な方ほど「昨日より記録が落ちる」ということに抵抗を感じるかもしれません。ですが、大切なことは「現状維持をしようとしてくる機能」にバレないように継続すること。

こちらに重点を置いた方が結果的には自分の力になります。

②本当に必要なのか考え、不要ならキッパリ手放す

「めんどくさい」と感じている時点ですでにストレスになっている可能性が高いです。

習慣化したいことをしばらくやってみて「めんどくさい」と感じたならば、「そもそもこれは本当に自分にとって必要なのか」と改めて考える必要があります。

そして、「そうでもない」と感じたらキッパリやめるのです。

そうすることで、なんとなく習慣にしてしまい、必要のないことでストレスを抱えてしまう…ということを避けられます。

習慣にすることがあまりに多いと、単純に疲れます。だから、本当に自分にとって必要であったり重要だと感じることだけ残していけば楽になりますし、一つのことに力を注ぐことができます。

途中で辞めることはよくない、という風潮があるかもしれませんが、一度やってみないとわからないこともたくさんあります。

やってみて、やっぱり自分には合わないとか必要ないかな、と思ったことはキッパリやめてしまいましょう。

それは、今の自分に本当に必要なことなのか?

周りの目を気にしてやっていないか?

やっていること自体に安心感を得てるだけではないか?

こういったことを自分に聞いてみて、必要がなければ手放す。

そうすることで、本当に必要なことだけに集中することができます。

まとめ

習慣にしたいことがあるけど、雲行きが怪しい…という時は、

  1. ハードルをとことん下げる
  2. 本当に必要なのか考え、不要ならキッパリ手放す

この2つについて考えてみてください。

人は変化を嫌う生き物。今まで通りを維持したがる自分にバレないくらい、ハードルを下げることで、習慣にすることを叶えられます。

また、習慣にしたいと思っていることで、続けるストレスを感じるのであれば、そもそもそれをする必要があるのか?と考えることも大切です。

考えてみて、必要であればハードルを下げるとか、やり方を変えてみるのも手です。

今の自分には必要ないかな?と思ったらキッパリとやめる。そうすれば、本当にやりたいことにエネルギーを集中することができます。

関連記事

やるか迷った時に最高の決断ができる2つの質問【優柔不断さん向け】今回お伝えするのは、「やるかやらないか迷う…という時に最高の決断ができる2つの質問」について。 いきなり厳しい話で申し訳ないのです...

【ご案内】

「自分を好きになりたいけど、それが難しい…」という方に向けたNoteです。
図解入りで分かりやすく、現状を良くしていく方法を説明しています。